福井市 屋根 笠木について

先日の強風の影響で、屋根の笠木が落ちてきた・・・!

という連絡を受け、現場を見に行って来ました


写真でも分かる様に、真ん中くらいから無くなってしまっています

恐らく釘が抜けていた・緩んでいたのもあると思いますが

元々一カ所が以前台風の際に飛んで行ってしまった事もあるようで・・・

板金がめくれてしまっていた部分もあったのかもしれませんね

まぁトドメを刺したのは先日の強風で間違いないでしょうが

笠木が無いと何が困るのか・・・

単に見栄えが悪くなるだとかそういう事ではありません

笠木とは写真で見て分かる様に屋根の頂点部(棟)なわけですが

これをカバーしているモノが無いと何が問題なのでしょう・・・??

まず、雨漏り等の水漏れの原因に直結します


住宅には屋根の下に防水シートが貼られているのですぐに水が入ってくるという事はないですが・・・

そうはいってもシートはシートです

紫外線に弱かったりと、脆い部分もあります

むしろ中に入っているこの防水シートが使い物にならなくなってしまった時は

笠木の修繕どころじゃない大きな工事になってしまいます

そこで、現状の状態を見る為に屋根に登る事を試みたのですが・・・ダメでした

屋根にコケ等があったのと、勾配がきつかったのが理由です

屋根は塗装の劣化等によりコケが生えたりして滑りやすくなったりしてしまうのです

ですので、工事に入る際には部分足場にて作業が行われます

足場のイメージってよく目に入るのって


こんな感じかな?って思いますが

今回は部分足場といって


全体を覆うのではなくその名の通り一部分必要な所にだけ足場を組む工法ですね

そして劣化した古い笠木を取外し新しいモノへと交換する工事を行います


お宅が雨漏り等でより困った事にならない様に

こうした事案にも早急に対応出来る様もっと色々知っていきたいと思いました

雪が急に降らなかったり台風が一度に何個も来たり・・・

最近の天候はよくわかりませんし

急に家が崩れることだってあるかもわかりません

そんな事滅多にないでしょうが

でも今回のお宅の様に屋根が飛んだりは他人事ではないと思うので

そうならない様にたま~に家の状況気にしてみようと思いました

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。