坂井市 N様邸 外周りシリコン塗装 2色タイル柄を塗装にて再現

外構工事・エクステリア・リフォームのアート創建です( ̄^ ̄)ゞ

Nさんは、初めて外壁塗装(シリコン)工事をさせて頂きました。

既存の壁は、今は製造中止の12㎜の塗装、サイディングを張ってました。

この壁材は厚みが無く、時が経つとユガミ・反りが発生します。

また、クギ打ちの施工の為、そのクギ周辺から塗膜のハガレが起きて

内部に雨水が浸入してしまう、

本当にやっかい壁材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


既存の壁が、暴れる材料なので、太めにシーリングを打ち替え

セラミック配合の超~~~伸び縮みする塗料を使用しましたが!?


やはり4年経過して、一部クギ部の塗膜のハガレを発見!!

御主人さんが、同じ塗料を貰えれば自分で気になる所は

メンテナンスするとのコトで、了解してもらいましたが、

やはり、塗装はメンテナンス工事であり、いくら良い材料を使用しても

1~2年おきのメンテナンスは必要だと思いました。


因みに、今回は2色柄を工事させて頂きました。

職人のウデが試される所でもあります。


この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。