八王子市小比企町K様邸 外壁工事 モルタル下地・新規リクシル雨戸下地・ガルバ板取付工事②

外壁工事もお任せ アート創建です( ̄^ ̄)ゞ

まずは雨戸の様子を見ましょう・・・



既存雨戸の戸袋の中はベニヤ1枚でした・・・

長年の湿気でボロボロです
全てガルバ(塗膜保障10年!)の板を加工して取り付けます。



この部分にリクシル後付け雨戸を取り付けます。見えないところにもこだわり、手を抜きません

※ちなみに『ガルバ』とは『ガルバリウム鋼板』のことです。
アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%のアルミ亜鉛合金をメッキした鋼板です
サビにくい・軽い・断熱性が良い等、トタンとかに比べて優れた建材だそうです(担当kg調べ)



前回の窓部分も次の工程へ!
遮熱防水シートを張った後、耐震のコトも考えてモルタル外壁下地用ラスカット板を取り付けました。



隙間もシッカリ専用のモルタル下地用コーキング材で雨水の浸入を防ぎます。

※ちなみにラスカット板とは防虫・防腐・耐水・処理がされていて

強度が高く耐震に優れてるモルタル下地材です(担当kg調べ)



ベランダ床をはずしてみると下のトタンも塗装ができない程のザビがっ
お宅の歴史とも言えますが、メンテナンスしないとたいへんな事になりそうです。



でも、もう大丈夫
屋根用防水シートを張りサビに強いガルバ材で上張りしました。

今回は建材についての注釈をちょっと入れてみました・・・ググればわかりますが(^_^;)
進化した建材で効率良いお家の環境づくりもアリですよ。
K様邸工事完了が楽しみです。
担当:kg


この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。